キャッシングについてのいろいろサイト

カードローンの審査に受かるためには

カードローンの審査に受かるためには安定した収入が必要です。アルバイトやパートでも収入が安定していれば審査に受かりやすいです。お申し込み条件には20歳以上60歳未満と言った年齢も含まれています。20歳以上であることはどのカードローンでも必要ですが、上限の年齢はカードローンによって異なります。その他にも銀行のカードローンによく見られますが年収もお申し込み条件に含まれている場合があります。

 

前年の年収400万円以上と言った銀行のカードローンもあるのでお申込みする際は事前に確認が大切です。年収が特に記載されていない場合、年収200万円以上あると銀行のカードローンの審査に受かりやすいと言われています。消費者金融や信販のカードローンではこれより低い年収でも審査に受かりやすいです。その他にもカードローンの審査では居住形態や勤続年数、電話、滞納の有無など様々な属性をチェックしています。

 

居住形態は賃貸より持家、特に本人名義の持家が一番審査に受かりやすいです。勤続年数は半年以下だと審査が厳しくなってしまいます。なるべく同じ勤務先に長く勤めているほうが審査に有利です。電話は携帯電話だけより固定電話もある方が審査に有利です。公共料金やクレジットカードのご利用代金、他のローンやキャッシングなどで滞納があると審査が厳しいです。
特に3か月以上の滞納があると審査に受かる見込みが無くなってしまいます。

 

審査に落ちた際に1か月以内に3社以上のローンやキャッシングにお申込みすると多重申込となり余計に審査に受からなくなります。期間を開けてお申込みするのがお勧めです。

収入証明書がなくても300万円まで借りられる!

即日融資

お金をすぐに借りたいと思った時に便利なのがカードローンです。もちろんお金を借りるためには本人確認をする必要があります。身元が分からない人にお金を貸す業者はいません。しかし、身元が分かるだけでお金を貸してもらえるのでしょうか?場合によって収入証明書などが必要になってきます。

 

お金を借り入れしたい状況というのは急ぎである場合が多いでしょう。そんな時に収入証明書をすぐに用意できるでしょうか。用意できるとしても手間ですから収入証明書が必要ないローンの方が簡単に借り入れできます。では、どのような条件で収入証明書なしでお金を借りる事ができるのでしょう。

借り入れ時に収入証明書が必要な条件とは

アコムや消費者金融で50万円以上の借り入れをする場合、銀行で100万円以上の借り入れをする場合などです。消費者金融の場合は50万円以上借り入れするなら必須になります。銀行は場合によって必要になる金額は変わってきますが、およそ100万円を超える場合は必要になってきます。100万円以上が必要になり証明書不要が良いという場合はかなり選択できるローンが限定されてしまいます。限定されてしまいますが300万円未満であれば不要という銀行もあります。

結局収入証明書が不要なカードローンとは

簡単に言ってしまえば借り入れ金額が少額のカードローンなら収入証明書が不要であると言えます。50万円以下であればほとんどの場合で収入証明書なしですぐに借り入れができます。銀行であれば300万円まで借り入れできる可能性がありますから、大抵の場合には必要な金額を借りる事ができるでしょう。


お金、貸して困るのも自分自身のせいと思って(失敗談)

人が困っているとかわいそうになってしまい、つい助けてしまい自分が損をしてしまうことが良くあります。お金の失敗も例外ではなく、知り合いが困っているにを見ると貸してしまいます。しかし、お金を借りる人はいい加減な人が多くなかなか返って来ません。私も生活にゆとりがあるわけではないので、困ってしまうこともあります。貸さなければいいのですが、話を聞いていると可愛そうになってしまいついつい、貸してしまいます。お金を借りなくてはならない人は自立できていない人の場合が多く、人間的にもきちんとしていない人が多いと思います。

 

私自身も悪いところがあるのです。人のことは、人のことと割り切れないので、自分の器以上のことをやろうとしてしまいます。同情してもお互いにいいことはないのだと最近は、いい人を辞めて私自身もしっかりしなくてはと頑張っています。貸してもらうほうも、貸すほうも同じなんだなと思うようになりました。自立した考えを持って、しっかり生きていかなくてはいけないなと思っています。